爆弾低気圧の影響で通勤時間帯に電車の運休、遅延が予想されたので、何時もより早めに家を出てきたけど、7時前の時点で雨はやんでいたし、空も晴れ間が見えていた。


地下鉄有楽町線の新木場行きがビニール飛来のため運休ということだったので、今日は時間もあるし東武東上線の各駅でとりあえず池袋まで向かうことにした。


そういえば夕べは久しぶりにアルコールは飲まなかった。体が疲れてだるかったし、アルコールを飲まなかったら翌朝はいくらか快調になるかななんて期待して。
実際に今朝は体が軽く感じられて、お酒を飲まないで寝た方が体の調子もいいみたい。しばらくお酒は控えてみようかな。


各駅で北池袋についたけど、爆弾低気圧の影響はほとんどないようだ。よかった。次は池袋終点。

定期外の区間のため運賃が引かれてしまうが、PASMOにお金が入っていないため2000円をチャージ。

池袋構内で丸ノ内線に乗り換えようとするが、なぜか丸ノ内線と有楽町線はいつも場所がどこだかわからなくなる。

それでもいつもよりはわりとスムーズに丸ノ内線を見つけて荻窪行きの電車に乗り込むが、これがまた混んでいる。東京はほんと人が多いね。


お茶の水で総武線に乗り換える。運よく席に座れる。電車で席に座れることに喜びを感じてしまうのはおっさんである証拠だ。学生の時にはこの感情はなかったな。少しでもいいから仕事で疲れた体を休めたい。

さっきから鼻がグズグズしている。もともと鼻炎もちでいつもティッシュは持ち歩いているが、今日に限ってティッシュがない。鼻をかんですっきりさせたいのに。

気がつけばもう10月か。自分は花粉のアレルギーがあるから花粉アレルギーの症状を抑えるための注射を打ちに代官山に行かなくちゃ。去年から花粉のシーズンが始まる前に数回通うようにしている。
ノイロトロピンとヒスタグロビンという注射は一発注射と言われているものとは違って体にかかる負担が軽いらしい。そのかわり何回か通う必要があるようだ。

その注射の効果は明らかに効いているというほどの実感はなかなか感じられないかもしれないけど、毎年花粉のシーズンに現れるひどい症状はいくらか軽減されていると思う。


やっと今週も仕事が終わった。金曜の夜になるとほっとする。今日はまだビールは飲んでいない。しばらく飲まない方が体の調子が良くなるかも、なんて思ってはいるけど家に帰ったら飲んじゃうかも。
なんとなくお酒を飲むと仕事が終わった感を感じることができる。禁酒じゃなくて休肝日を設ければいいのかも。毎日そんなにたくさん飲んでるわけではないけどね。


明日は3ヶ月ぶりのジャズピアノのレッスン。久しぶりだ。姉が亡くなってしまってから、正確にはその少し前からレッスンはお休みしていた。先生には落ち着いたら再開しますとは伝えていたけど、なんとなく、よしまたやるぞ、という気にはなかなかなれず、このままジャズピアノのレッスンにはいかないかも、とどこかで思っている所もあった。
でも、昨日の昼飯を一人で定食屋で食べていると次のレッスンの課題曲としてもらっていたスタンダード曲のRecado Bossa NovaがBGMで流れてきた。
これは単なる偶然ではないような気がするなと思って、また一歩足を伸ばしてみようと思って夜先生にメールした。
すぐに返信してくれて明日久しぶりのレッスンへ行くことになった。

ジャズピアノは自分のライフワークとして続けて行こうと思っていることだ。
細くてもいいから長く続けられたらと思う。


電車のアナウンスが降車駅の名前を告げている。後は家まで帰って夕飯を食べる。
途中のコンビニでお酒を買ってしまうかもしれないけどね。

案の定、駅からの帰り道にローソンへ寄ってお酒を購入した。ローソンのBGMにはカーペンターズの曲が流れていた。姉から最後に借りたCDにはカーペンターズのアルバムも含まれていた。
なんだか見守られている気がした。

そして家に帰り、奥さんが今焼きそばを焼いていてくれている。