10:10
今日は奥さんと大江戸温泉物語へ行こうということになっていま電車に乗っている。
大江戸温泉物語は2人とも初めてだ。
入場券は前に割引購入をして持っていたのがある。
電車に乗る前にコンビニで買ったおにぎりもすでに食べてしまい、眠くなってきたところだ。
電車は土曜日ということもあって混んでいるな。
始発で乗れたから座れているけどね。

大江戸温泉物語は手ぶらで行っていいんだよなぁ?水着もタオルも不要のつもりで何も準備をしてきていないんだけど大丈夫だろう。


17:12
帰りの電車内。
大江戸温泉物語は非常によかった。
温泉自体は普通だったが、温泉以外の施設が充実していた。
施設内はラーメン博物館のような作りだった。昭和を感じさせるような懐かしい作り。
外国人が好むような日本の風情を感じることができるつくりになっていた。
しかも客は何種類かある中から浴衣を選ぶことが出来て、それを着て館内を歩くので施設内の雰囲気を壊すことなくお客も全体の雰囲気の一部となっていた。
飲食店も出店の様相でお寿司やらーめん、うどん屋などたくさんあった。
とてもいいなと思ったのは、お風呂から出て、休憩して、ご飯を食べると、少し持て余してしまう時間帯がどうしても出てきてしまいがちだが、大江戸温泉物語では16時、17時、19時とエンターテイメントのショーがある。毎日やっているかどうかはわからないけど。
このショーが退屈になりそうな時間をうめてくれる。ショーをやる人は特に有名な人というわけではないけど、ショーが完成しきれていないところがあったりして、その分応援しながら見ているので、退屈ではない。
ショーが完成しきれていないといったけど、決して芸のレベルが低いということではない。
むしろレベルは高いだろう。だって横にした缶の上に板を乗せてその上に立ち、アコーディオンを弾くなんて普通できないからね。エンターテイナーはアコる・で・ノンノンという方だったけど、あんなにくだけた感じでやっていたけど、アコーディオンの演奏、ダンス、タップ、やってることはすごかったから。