2017/10/03
10:26

新木場行きに乗れた。乗車駅で目的の行き先の電車に乗れるのは途中乗り換えがないので楽ちんだ。

比較的車内は空いている。秋の晴れ間も気持ちが良い。

今日は火曜日でまだ一週間は始まったばかりだが、あっという間に金曜日は来るのだろう。そしてまた月曜日がくる。

一週間の歌の歌詞はどんなだったろうか。ネットで調べてみる。


「一週間」

ロシア民謡


日曜日に 市場(いちば)へでかけ
糸と麻(あさ)を 買ってきた
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

月曜日に おふろをたいて
火曜日は おふろにはいり
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

水曜日に ともだちが来て
木曜日は 送っていった
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

金曜日は 糸まきもせず
土曜日は おしゃべりばかり
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

ともだちよ これが私の
一週間の 仕事です
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ



なんと優雅な…。友達よこれが私の一週間の仕事ですって、仕事してないじゃないか(笑)

その一週間で日々が回るのなら羨ましい限りだ。

おれの一週間の歌はどんなだろう。


「おれの一週間」

日曜日は家内が仕事~

夕飯の準備をするよ

テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

月曜日は遅くまで仕事
火曜日も帰宅は深夜

テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

水曜日も帰宅は深夜
木曜日は朝から深夜まで

テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

金曜日も帰りは遅い~
土曜日は家内とショッピング~

テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ

ともだちよ これが私の
一週間の 仕事です

テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ


おれの一週間の歌は40代のサラリーマンの生活としては典型的だろうか。

おれが子供の頃の家庭のシーンでは夕食時には父親も一緒に食卓を囲んでいた。家族が一体となっていた記憶があるが、いまのおれの一週間の歌では平日の夕ご飯に一緒にいてあげることはできない。
もっとも子供はまだいないし、できるのかもわからないけど。


ブラック企業という言葉がではじめたのっていつからだろうか。
これはまた次の機会にしよう。